FC2ブログ
自然の中で見つけた 花たちの便りと 四季折々の 風景と楽しみを 残して行く事の出来る 楽しい ブログにして行きたいと思います。

イナモリソウ
inamorisou 05918

イナモリソウ アカネ科 イナモリソウ属 多年草
背の低い多年生の草本地下に細く伸びる根茎を持ちその先端に直立する茎を着ける
高さは普通は3-5cmほどになります。
葉は対生するが二対ないし三対しかなく茎が短くて間が狭いためロゼット状に地表に広がります。
上の二対が互いに接近し四輪生に見えるものであります。
葉は長さ3-6cm幅2-4cm、卵形あるいは三角状卵形で先端は鋭く尖り
基部は丸いかやや心形にくぼみ3-10mmの葉柄に繋がる。葉には全体に短い軟毛が一面に生えます。
托葉は先が尖った小さな三角形で長い軟毛があります。
花期は5-6月。葉腋から一個ずつあるいは枝先に1-2個の紅紫色の花をつける。
萼は釣り鐘型で半ばまで五裂し裂片は広披針形で先が尖ります。
剛毛が一面に生える。花冠は長さ2.5cm、内面には短い毛をまばらに出します。
つづきを表示
スポンサーサイト




ショウジョウバカマ
ショウジョウバカマ 猩々袴 
ユリ科 ショウジョウバカマ属 多年草 花期 5月~7月
名は花を想像上の動物である猩々の赤い顔に、
地面に張り付いた葉を袴に見立てたものと説明されることが多いが、
本当のところは、花ではなく冬期に葉の霜に当った部分が
紅染することからついたものといわれます。多湿地に生える多年草で、
低山帯から高山帯まで生育域が広いです。雪解けとともに
ロゼット状の葉の真ん中から鱗片葉が数個ついた花茎を伸ばし、
先端にピンクの花を密につけます。花の色は白から赤、紫まで変化があります。
春早く花をつけるが高山では夏でも見ることができます。
花が終わると花茎は60㎝以上に伸び、咲き始めの可憐さは
微塵もなくなってしまいます。しかしこれは繁殖のために
微細な種を少しでも遠くに飛ばすためのしたたかな戦略みたいです。
また、葉先に子苗を作る術も持ち合わせています。
シロバナショウジョウバカマは花が白く、葉の縁に波状鋸歯があり、
関東以西と四国に分布する。九州にはツクシショウジョウバカマが分布します。

syouzyoubakama 04973
つづきを表示

バイカオウレン
baikaouren 04744

バイカオウレン (梅花黄蓮) キンポウゲ科 オウレン属
別名 ゴカヨオウレン 花期 2月~3月
分布 東北南部 中国地方 四国 九州
山地の雑木林、森のやや湿ったところに生える、多年草。
花は5弁の真っ白な花。花びらに見えるのは、
花弁ではなくて、がく片が変化したもの。
根際から伸びた葉柄の先に、5枚の小さな葉が、輪状に着く。
ゴカヨウオウレン 五加葉黄蓮の別名があります。
つづきを表示

ホソバナコバイモ
hosobanakobaimo 04592

ホソバナコバイモ (細花小貝母) ユリ科 バイモ属
分布 中国地方-岡山県、広島県、山口県、九州に分布する。
花期 2月~3月 草文10cm~15cm
生育環境 山地の木陰などに群生する多年草。
人里・田畑,山地・低山,森林・林縁
花は葉の下で下向きに咲きます。 
水捌けの良い場所に生育しています。
葉も花も細く花は釣鐘筒状で花被片には縦縞模様の斑紋がみられる。
茎の上部に2枚が対生し茎の先の方に3枚の葉が輪生状につきます。

つづきを表示

アズマイチゲ
アズマイチゲ キンポウゲ科 イチリンソウ属
アズマイチゲは北海道・本州・四国・九州に分布する
多年草。主に温帯の落葉樹林の林床・林縁に生育し
石灰岩地に多いとされています。
アズマイチゲの根茎は横に這い、所々に膨らみがあるといいます。
葉は2回3出の複葉で、小葉は3つに分裂し、青白色を帯びて柔らかい。
花茎は高さ10cm程度で、3枚の葉が輪生し、毛があります。
花は3月から5月にかけて茎の上に1つ咲きます。
早春の木々が芽吹く前に葉を展開し、花を咲かせまして
初夏には夏草に覆われて夏眠する早春の植物の一つですよ。

yukiwariichige 04362
つづきを表示
Copyright © 自然の花と風景. all rights reserved.