FC2ブログ
自然の中で見つけた 花たちの便りと 四季折々の 風景と楽しみを 残して行く事の出来る 楽しい ブログにして行きたいと思います。

ササユリ
ササユリ 笹百合 ユリ科 ユリ属 多年草
由来 葉が笹に似ている為と言われている。
分布 本州 中部地方以西・四国・九州
花言葉 上品 香りのよい花です。
ササユリは本州中部から九州に分布する多年草。
山地の草原や明るい森林に生育する。
地下に白い鱗茎(いわゆるユリ根)がある。
小さなものは根生葉のみであるが、大きく育ったものは花茎をのばし、
6月から7月にかけて美しい花を咲かせる。
花は1つであることが多いが、複数咲くこともある。
花の長さは10~15cmで、淡紅色。雄しべは6本で葯は鮮やかな赤褐色。
強い香りがある。葉は厚く、名前の由来になっているように、
ササの葉によく似ている。ササに擬態しているわけではなかろうが、
ササと混生していると、花が咲かないとわかりにくい。

sasayuri 03610
つづきを表示
スポンサーサイト




コケイラン
kokeiran 03335


コケイラン 小蕙蘭 ラン科 コケイラン属 
花期 5~6月 草文 30cm~40cm
分布:北海道、本州、四国、九州
和名の由来 シランなどの仲間を蕙蘭といい、葉の形が似ていて、
小型であるところから。別名をササエビネ(笹海老根)といい、
海老根の仲間に似ているが、葉が長くて細く、笹に似るところから。
生育地・特徴 山地の林内に生える多年草です。
20~30 cmの2枚の細長い葉が地中の偽球より直接出る。
花は総状に多数つく。萼辺と花弁は黄褐色で、
幅が広い唇弁のみが白色で、赤い斑点がありますよ。     
つづきを表示

ギンラン
ギンラン ラン科 キンラン属 多年草
日本では北海道、本州、四国、九州に分布し、
山地の樹林下に自生する。アジアでは朝鮮、中国東北部に分布する。
根茎は短いが、根は細く長い。茎は直立し、高さは30-50cmになる。
葉は6-8個が茎に互生し、形は卵状披針形で、長さ7-15cm、
幅1.5-3cmで先端は尖り、基部は茎を抱く。
葉の裏面、縁および花序に白色の短毛状突起がある。
花期は5-6月で、白色の花を穂状花序に数個つける。
花の下にある葉状の苞が目立ち、下部の1-2個の苞は花序より長い。
萼片は長さ11-12mm、側花弁は萼片より短く、
唇弁の基部は距となって突出する。
ギンランに似るが、ギンランは葉より花序が高くなるが、
ササバギンランは花序より葉が高い位置にくるか同じ高さとなる。
また、ギンランより全体に大型になる。

ginram 03252
つづきを表示

ユキザサ
yukizasa 03080

ユキザサ 雪笹 ユリ科 ユキザサ属 多年草。
花期:5~7月  分布:北海道、本州、四国、九州
和名の由来、花の姿が雪の結晶のように見える事から言われています。
山地の落葉広葉樹林の林床に生育しています。
葉の形が笹に似ているところから由来すると言われています。
低地~亜高山帯の広葉樹林内などに生え、茎の高さは20~70センチ。
茎頂に、粗い毛が密生する円錐花序をつけ、長さ3~4ミリの白色の花を多数つける。
花被片、雄しべは6個。葉は互生し、卵状長楕円形で、両面に毛があります。
果実は球形の液果で、赤く熟します。
つづきを表示

イワウチワ
イワウチワ イワウメ科 イワウチワ属
草文、3cm~10cm 花期 4月~5月 多年草
分布 本州 生育地 山地の川沿いの斜面や岩場などです。
花冠はラッパ形で5深裂し、裂片の先もさらに細かく浅く裂けます。
イワウチワの葉は、一見イワカガミに似ていますが、
花より大きくて1つの花茎に1花しか咲かせない点で区別できますよ。
花の咲いていない時期には両者の区別は簡単に出来ないですね。
イワカガミの葉には強い光沢があるが、イワウチワのそれは鈍い。
葉の形には変異が大きいので、判別は難しいです。
生態的には、イワカガミが強い日照がある尾根などによく生育するのに比べ、
イワウチワは同じ尾根であってもブナなどの樹木に覆われているような、
半日陰的な立地が本来の生育地に生息しているみたいです。
花は4月から5月にかけて咲き、淡紅色で直径2.5cmほどになりますよ。

iwauchiwa 02913
つづきを表示
Copyright © 自然の花と風景. all rights reserved.