自然の中で見つけた 花たちの便りと 四季折々の 風景と楽しみを 残して行く事の出来る 楽しい ブログにして行きたいと思います。

クモキリソウ
kumokirisou 06226


クモキリソウ ラン科 クモキリ属 多年草
花期 6~8月 草文 10~20cm 分布 日本全土
花茎 側花弁長さ6~7mm、唇弁長さ5~6mm
生育場所 山地の疎林下 花色 淡緑色、または黒褐色
茎葉 対生で2枚、広卵形、縁は細かく波打ち、葉脈の網目ははっきりしない
低地~山地の林内や林縁などに生え、茎の高さは15~30センチ。
茎頂の花序に、淡緑色または黒褐色の花を5個~15個つける。
背萼片、側萼片、側花弁はともに細い管状で、長さは約8ミリ。
唇弁は広い舌状で反り返り、長さは約6ミリ。
葉は2個あり、長楕円形で、縁は波状に縮れます。
つづきを表示
スポンサーサイト

ギンリョウソウ
ginryousou 06056

ギンリョウソウ 銀竜草 ユウレイタケ イチヤクソウ科 ギンリョウソウ属
花期  6月中旬~7月中旬 草文 5cm~20cm 腐生植物
分布 日本全土 環境 山地 低山 森林 林緑
このギンリョウソウは、種子植物ですが、光合成をせず、
菌根で取り入れた有機物を取り入れて成長し、花を咲かせます。
全体の姿を竜に見立て、白銀色をしているところから。
白っぽい姿から幽霊が連想され、また緑の葉がないので
キノコに見えるところから、ユレイタケ(幽霊茸)の別名があります。
生育地・特徴など 暗い林中の腐った木や枝葉につく腐生植物です。
茎は直立した円柱状で、葉はすべて鱗片になり、10~20個互生します。
茎の頂部に筒状鐘形の花を1個だけ下向きにつける。
萼片は1~3枚で鱗片状で花弁は3~5枚で肉質。果実は卵球形の液果です。
つづきを表示

イナモリソウ
inamorisou 05848

イナモリソウ アカネ科 イナモリソウ属 多年草
背の低い多年生の草本地下に細く伸びる根茎を持ちその先端に直立する茎を着ける
高さは普通は3-5cmほどになります。
葉は対生するが二対ないし三対しかなく茎が短くて間が狭いためロゼット状に地表に広がります。
上の二対が互いに接近し四輪生に見えるものであります。
葉は長さ3-6cm幅2-4cm、卵形あるいは三角状卵形で先端は鋭く尖り
基部は丸いかやや心形にくぼみ3-10mmの葉柄に繋がる。葉には全体に短い軟毛が一面に生えます。
托葉は先が尖った小さな三角形で長い軟毛があります。
花期は5-6月。葉腋から一個ずつあるいは枝先に1-2個の紅紫色の花をつける。
萼は釣り鐘型で半ばまで五裂し裂片は広披針形で先が尖ります。
剛毛が一面に生える。花冠は長さ2.5cm、内面には短い毛をまばらに出します。
つづきを表示

イワカガミ
iwakagami 05590

イワカガミ イワウメ科 イワカガミ属
花期 4~7月 分布 北海道、本州、四国、九州
北海道南部から東北地方、中部地方の日本海側に分布する
オオイワカガミは葉が大型で、長さ幅とも8~12センチになり、
多数の尖った鋸歯がありますよ。
山地の岩場や高山の草地に生える常緑の多年草。
葉は根ぎわに集まってつき、長い柄がある。
葉身は長さ幅ともに3~6センチの円形で、
尖った鋸歯があるが、先端はとくに尖らない。
表面に光沢があり、これが和名の元となっている。
葉の間から高さ10~20センチの花茎を伸ばし、
咲きに淡紅色の花を3~6個つける。
花冠は直径1~1.5cm、縁は細かく裂ける。
つづきを表示

サンカヨウ
sankayou 05232

サンカヨウ 山荷葉 メギ科 花期 5月~7月
草文 30cm~70cm 分布 北海道 本州 
和名の由来 荷葉とはハスの葉のことと言われますよ。
葉のつき方がハスに似ていて、平地のハスに対して
山のハスということで山荷葉といいます。
生育地 低山 高山 亜高山 森林 林緑 山地の林内に生える多年草。
楯のような、切れ込みのある大きな葉が2枚、
茎の上部につける。花は茎の先にまとまって3~10個つき、
花弁は6枚ある。実は濃い紫色で大きく、熟すと甘いです。
 
つづきを表示
Copyright © 自然の花と風景. all rights reserved.