自然の中で見つけた 花たちの便りと 四季折々の 風景と楽しみを 残して行く事の出来る 楽しい ブログにして行きたいと思います。

イヌセンブリ
inusenburi 03634



ヌセンブリ リンドウ科 センブリ属
イヌセンブリは本州・四国・九州、朝鮮・中国に分布する越年生の一年草。
湿原の周辺の湿地に生育する。湿原の植生の低い場所に生育する場合には、
高さ5cm程度で地面付近でいくつかに枝分かれ、やや匍匐する生育形となりやすいが、
植生が高い場所では草丈30cmを超え、単幹状で立ち上がる。茎は細く、
柔らかい。葉は倒被針形で、センブリに比べると幅が広い。
花は10月から11月に咲き、白地に紫色の筋が入る。
イヌセンブリは苦味がないので、薬用には用いられない。
口にしてみると、苦味がまったくないわけではなく、センブリの苦味がわずかにある。
各地で生育数が減少していることが指摘されており、
RDB種として指定されている。岡山県では準危急種。
つづきを表示
スポンサーサイト

サギソウ
sagisou_01697.jpg


サギソウ ラン科 ミズトンボ属
サギソウは本州から九州、分布する多年生の草本です。
泥質(鉱物質土壌)の湿原に生育する。夏、高さ20cmほどの茎の先端に通常は1つ、
勢いのよいもので数個の白鷺をイメージさせる花を付けます。
葉の高さは10cm程度までであり、短い葉に十分な日照があるような、
草丈の低い場所が生育に必要である。地下には球根があり、
これから発芽するが、数本の地下茎を伸ばしてその先端に次年度の球根を形成します。
したがって、球根は1年限りということになり、
サギソウは毎年生育条件のよい場所を求めて10cm前後移動しているわけです。
条件のよい場所では、1株から3~5の球根が形成されます。
つづきを表示
Copyright © 自然の花と風景. all rights reserved.