自然の中で見つけた 花たちの便りと 四季折々の 風景と楽しみを 残して行く事の出来る 楽しい ブログにして行きたいと思います。

ケスハマソウ
kesuhamasou 08416

ケスハマソウ キンポウゲ科 ミスミソウ属
ケスハマソウは本州近畿以西・四国に分布する多年草。
ケスハマソウは常緑であり、冬でも緑の葉を維持しています。
葉は長い柄があり、3つに中裂し、先端は鈍頭から円頭。
両面と葉柄には毛があり、裏面は紫色を帯びてます。
3月から4月にかけ、茎を伸ばして頂端に花を付けます。
萼のようにみえるものは茎葉であり、3枚が輪生します。
花弁は退化しており、花弁のように見えるものは萼です。
萼片は6~10枚で、変異が大きい。萼片の色は白~淡紅色まで
日本海側のものは様々な色があって美しいですね。
残念ながら岡山県のものは希に淡紅色のものが見つかる程度で、
白いものがほとんど見たいですよ。
つづきを表示
スポンサーサイト

ユキワリイチゲ
yukiwariichige08501.jpg

ユキワリイチゲ キンポウゲ科 イチリンソウ属
名前の由来: 一輪の花を咲かせるものに「一華」を冠する。
生育環境・特徴: 森や雑木林の中に生える多年草。沢の近くで見ることが多い
花期: 3~4月 分布: 本州(近畿地方以西) 四国 九州
3小葉からなる根生葉は菱形のような形をしていて鋸歯がある。
表面は白い斑紋がある濃緑色だがしばしば部分的に淡褐色化しており,
裏面は地味な紫色をしている。3枚が輪生する茎葉の中心部分から花柄を出し
その先に一輪だけ少し菊に似た雰囲気を持った花をつけています。
つづきを表示

キバナノアマナ
kibananoamana 03532

キバナノアマナ(黄花甘菜)はユリ科キバナノアマナ属の多年草です。
開花時期は2月~4月頃にさきます
黄花の甘菜(キバナノアマナ)とも言います。
草丈は15センチくらいの長さです。
北海道から本州の中部地方にかけて分布し、
日が当たる草むらや土手などに生えますよ。
名の由来は甘菜(アマナ)に似て黄花種であることからきています。
葉は幅の広い線形で茎よりも長いですよ。
茎の上部に花柄を何本か出し、その先に1つずつ花をつけますよ。
花柄の長さは不揃いである。
アマナ属の甘菜(アマナ)は茎の先に1つの花しかつけない。
このため属が異なります。
花びらの外側はやや緑色をしています。
花柄の下に小さな葉があり、これが包のようです。
つづきを表示

ミノコバイモ
minokobaimo 03409

ミノコバイモ 美濃小貝母 ユリ科 バイモ属 
花期 3月~4月 草丈10~25cmの多年草
生育環境 人里 山地 低山 森林 林緑
葉は茎の上部に対生する2個と輪生する3個が有ります。
花は茎頂に1個、鐘形で下向きに咲かせます。
花被片は紫褐色の斑紋があり斑紋は内側の方が濃いです。
花被片の基部から3分の1の位置に密腺があります。
そこで角ばる。葯は白色です。
生育地 本州 東海、北陸地方西部、絶滅危惧種です。
 
つづきを表示

ユキワリイチゲ
yukiwariichige 03354

ユキワリイチゲ キンポウゲ科 イチリンソウ属
名前の由来: 一輪の花を咲かせるものに「一華」を冠する。
生育環境・特徴: 森や雑木林の中に生える多年草。滝の近くで見ることが多い
花期: 3~4月 分布: 本州(近畿地方以西) 四国 九州
3小葉からなる根生葉は菱形のような形をしていて鋸歯がある。
表面は白い斑紋がある濃緑色だがしばしば部分的に淡褐色化しており,
裏面は地味な紫色をしている。3枚が輪生する茎葉の中心部分から花柄を出し
その先に一輪だけ少し菊に似た雰囲気を持った花をつけています。
つづきを表示
Copyright © 自然の花と風景. all rights reserved.