FC2ブログ
自然の中で見つけた 花たちの便りと 四季折々の 風景と楽しみを 残して行く事の出来る 楽しい ブログにして行きたいと思います。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フデリンドウ
fuderindou 09125

フデリンドウ 筆竜胆 リンドウ科 リンドウ属 2年草
草文6cm~10cm 花期 4月~5月 分布 北海道 本州 四国 九州
日当たりの良い草原や疎林内に生育します。葉は小形で質が厚く密に対生します。
花冠は筒状で長さ2cm程度、先は5裂しまして副裂片をもちます。
フデリンドウは春の草地や明るい林に咲く小型のリンドウです。
春のリンドウは3種ほどありますがほかの種は根元にお皿のような根生葉がありますが
フデリンドウだけはこの根生葉がないので識別のいい目安になると思います。
つづきを表示
スポンサーサイト

ヤマルリソウ
yamarurisou 09000

ヤマルリソウ ムラサキ科 ルリソウ属 多年草 
ヤマルリソウは本州福島県以南から九州に分布する多年草ですよ。
暖温帯中部から冷温帯近くまでの、落葉樹林などの適度に湿った場所に生育します。
根生葉はロゼット状となり、草文7~20cmであるが、開花期の葉は小型ですよ。
葉は両面有毛で、密に白毛がありますよ。
4月から5月にかけて、直径1cmほどの淡い紫色から淡い紅色の花を次々と付けますよ。
花茎は枝分かれせず若い果実は下向きになります。和名は山瑠璃草で花の色に由来するそうです。
つづきを表示

ヒトリシズカ
hitorisizuka 08786


ヒトリシズカ、センリョウ科 、チャラン属 多年草。
分布 、北海道、本州、四国、九州に分布します。
山地の林内、林縁に自生しています。
高さは10-30cm。葉は4枚が輪生状に付き
光沢があり縁には鋸歯があります。
花期は4-5月で茎の先に1本の穂状花序を出し
ブラシ状の小さな白い花をつけます。

つづきを表示

ショウジョウバカマ
syouzyoubakama 04411

ショウジョウバカマ ユリ科ショウジョウバカマ属の多年草。
由来 花を猩々の赤い顔に見立て葉の重なりを袴に見立たせた。
日本各地の山地で少し多湿なところ生える。根茎は短い。
葉は地に広がってロゼット状、老葉の尖端から時に新苗をだす。
葉は長さ5~18cm、少し革質で滑らか。
花は新葉が出る前に1本10~17cmの茎を出し、
淡紅から紫まで色々、長さ1cm位。
つづきを表示

シロバナネコノメソウ
sirobananekonome 03764

シロバナネコノメソウ ユキノシタ科 ネコノメソウ属
本州(近畿・中国地方)と四国、九州に分布する小形の多年草です。
樹林内の沢沿いなどの湿地に生え、走出枝を生じて群生します。
植物全体に白色の軟毛が多く、茎葉は1cm程度で対生します。
花期は4~5月で、5mm程の小さな花を4~5個つけます。
花弁に見えるのは萼裂片で4枚あり、花時は白色で、後に淡緑色となります。
雄蕊は8個で、葯は裂開直前は暗紅色、後に黒紫色となります。
ネコノメソウの仲間には黄色系の花のものが多く
白色の花をつける本種はとても印象的であります。
つづきを表示
Copyright © 自然の花と風景. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。