自然の中で見つけた 花たちの便りと 四季折々の 風景と楽しみを 残して行く事の出来る 楽しい ブログにして行きたいと思います。

ヒナラン
hinaran_08891.jpg

ヒナラン ラン科 ヒナラン属 多年草
生育地 山地 湿った岩場に生えています。
花期 5月~6月 分布 本州 関東以西 四国 九州 
紡錘状に肥厚した根がある。根元ニ光沢のある長楕円形の光沢のある葉を
1枚つける。 葉の長さ4~8cm、幅1~2cm。
花茎は斜上し、10個以上の花を一方向に偏ってつける。
花は淡赤紫色から薄いピンク色。 唇弁はくさび形卵形でほぼ中央で3 裂する。
距は筒状で細く、長さ1~1.5mm 。果実は朔果で楕円形、長さ5~7mm。
ラン科の植物はどれも美しく人気があるため
盗掘の被害にあって絶滅が危惧されています。
つづきを表示
スポンサーサイト

ユキノシタ
yukinosita_08367.jpg

ユキノシタ ユキノシタ科 ユキノシタ属
ユキノシタは本州、四国、九州に生育する常緑の草本。
沢沿いの岩場など、湿り気の多い半日陰の場所に生育する。
民間薬に使用されることもあって庭先にもよく植栽されている。
やや湿った場所でよく生育し、日陰にもよく耐える。
昔は井戸のほとりによく生えていたものである。
葉は円腎形で葉の表面には葉脈に沿った模様がある。
葉の裏面は紫色を帯びており、特に若葉で鮮やかな紫色となる。
5月から6月にかけ花茎を伸ばして多数の花を咲かせる。
花に先立ち、地表面に多数の匍匐茎を出し、その先端に新しい個体を形成する。
和名のユキノシタは白い花を雪が降るのに見立て、
その下に緑の葉がある様子を意味しているという説があり、
そうであれば風流な名前である、雪の下でも緑葉を維持しているとの
意味でも良いような気もします。
葉は火傷などに貼り付けたり、絞り汁を熱冷ましに利用するなどの
民間薬として利用される他、葉を天ぷらにして食べるなどする。
つづきを表示

ササユリ
sasayuri_08404.jpg

ササユリ ユリ科 ユリ属 花言葉:神秘的な美、純潔、荘厳
草文 50~100cm 花期 6月~7月 多年草
中部地方から九州にかけて分布する日本の特産種です。
現在では希少植物となっています。名の由来は、
葉の形状が笹の葉に似ているユリである事から。
世界の温帯と熱帯に約240属4000種が分布します。
北半球の亜熱帯から亜寒帯に約100種類が分布します。
明るく開けた草地や山地の林縁に自生します。
球根(鱗茎)は無皮鱗茎で、白色で卵形。
茎が短縮した低盤部に、葉が変形した鱗片が多数着生して
多肉化したものです。1球に1茎を生じます。
葉は短い柄があり、互生します。
長さ7~15cmの披針形や楕円形で笹の葉に似ています。
つづきを表示

ユキザサ
yukizasa_07298.jpg

ユキザサ 雪笹 ユリ科 ユキザサ属 多年草。
花期:5~7月  分布:北海道、本州、四国、九州
和名の由来、花の姿が雪の結晶のように見える事から言われています。
葉の形が笹に似ているところから由来すると言われています。
低地~亜高山帯の広葉樹林内などに生え、茎の高さは20~70センチ。
茎頂に、粗い毛が密生する円錐花序をつけ、長さ3~4ミリの白色の花を多数つける。
花被片、雄しべは6個。葉は互生し、卵状長楕円形で、両面に毛があります。
果実は球形の液果で、赤く熟します。
つづきを表示
Copyright © 自然の花と風景. all rights reserved.