自然の中で見つけた 花たちの便りと 四季折々の 風景と楽しみを 残して行く事の出来る 楽しい ブログにして行きたいと思います。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギンバイソウ

ginbaisou_00532.jpg



ギンバイソウ ユキノシタ科 ギンバイソウ属、 
山地の木陰に生える多年草草丈は40~70cmになる
茎は直立し葉は対生長さ10~20cm
倒卵形で先が2裂した変わった葉を持つ
葉の変異はかなり有ると見えて葉先が2裂しないものや
大きく浅裂するものなどが普通にみられる。
茎の先に集散花序を出し白い10~20個の
両性花と装飾花をつける。
両性花は直径約2cm5弁で中心部につきます。
本州(関東地方以西)、四国、九州に分布し、
山地の木陰に自生する多年草です。
つづきを表示
スポンサーサイト

ユウスゲ
yuusuge_09379.jpg

ユウスゲ 夕菅 ユリ科 ワスレナグサ属 別名 キスゲ
名前の由来 葉がカヤツリグサ科のスゲ属に似て夕方咲く事から。
分布 本州 四国 九州 花期 花期は7月~8月です。
多年草で 日当たりのよい草原に生える。 草丈1~1.5m
葉は2列根生。 長さ40~60cm、幅5~15mm。
長い花茎を出し、その先端に2又状の花序をつける。
花は淡黄色。おしべは6本。 花は夕方に開花し翌朝には閉じます。
鮮やかなレモンイエローは暗闇でも蛾などの
夜行性の虫に良く見えると言われています。
つづきを表示

コバノトンボソウ
kobanotonbosou_09192.jpg

コバノトンボソウ ラン科 ツレサギソウ属 
分布は北海道、本州、四国、九州 花期は6月~8月
生育環境は日当たりの良い湿った草地や貧栄養な湿地。
日当たりのよい湿った草原や貧栄養な湿地に生える多年草です。
茎は肥厚する根茎から出て直立し高さ20~40cmできわめて繊細です。
葉はふつう1個で広線形 長さ3~7cm幅3~10mm基部は茎を抱きます。
鱗片葉は披針形茎にへばりつくようにつくので目立ちまでん。
花は淡黄緑色、花茎に数個つき苞は披針形背萼片は卵形で長さ2mm~2.5mmです。
側萼片は長楕円形、側花弁は斜長楕円形、ともに背萼片より少し長い。
唇弁はやや肉質で舌状 長さ2.5mm~4mm。距は長く12mm~18mm後方に跳ね上がります。
蕊柱は短く葯室は平行であるが相接する。花粉塊は根棒状です。

つづきを表示

ショウキラン
syoukiran_09062.jpg

ショウキラン ラン科 ショウキラン属 多年草
分布は北海道西南部、本州、四国、九州、屋久島
山地の比較的日当たりが悪い場所に生育する。
深山の樹林下やササ原に生える多年生の無葉の腐生ラン。腐生植
物であるため、葉緑素を持たない。地下茎は太くて長く伸び、わず
かに分枝する。花茎は直立し、高さ10~30cm、乳白色でやや淡紅色
を帯びる。葉は退化して鱗片状、半円形。花は6~8月、茎頂に3
~7個がまばらにつき、長い柄があり肉質で淡紅紫色、径約3cm。
がく片は長だ円形でやや開出。唇弁は袋状でほぼ白色、舷部に紫色
の斑があり、開口部には黄色の毛状突起がある。
つづきを表示
Copyright © 自然の花と風景. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。