自然の中で見つけた 花たちの便りと 四季折々の 風景と楽しみを 残して行く事の出来る 楽しい ブログにして行きたいと思います。

ミズトンボ
mizutonbo_01053.jpg



ミズトンボ 水蜻蛉 ラン科 ミズトンボ属 
分布:北海道西南部、本州、四国、九州
生育環境は湿地、溜池畔などに生える、球根性の多年草
花期は7月~9月頃に緑白色の花を総状に多数つけます。
茎は単立して高く伸び、40cmから時には80cmにもなります。
花径は15mm前後で愕片は後ろにねじれて背部で接します。
花弁は緑色で唇弁は緑色で十字架型の特異な形をしてます。
距は長さ15mm前後で下に下がり先端が丸くふくらみます。
地下には線状の根が少数有り短い地下茎をのばし球根を作ります。
秋になると地上部は枯れ、球根だけで年を越します。
つづきを表示
スポンサーサイト

ナツエビネ
natuebine_02688.jpg

ナツエビネ 夏海老根
科名 ラン科 エビネ属
分布 本州、四国、九州に分布。
生育地 暖地の湿り気のある林下に生える。
性状(高さ) 20~40cm 花期 7~9月
花の特徴 花茎は葉腋より生じ、高さ20~40cmとなり、
淡藤色の花を10~20個つける。
葉の特徴 葉は数個つき、ひだが多く、淡緑色、長さ10~30cm。
実 ラン類の種子は微細で栄養分を持たない無杯乳種子である。
その他 和名は夏に花を咲かせることによる。
つづきを表示

サギソウ
sagisou_01697.jpg


サギソウ ラン科 ミズトンボ属
サギソウは本州から九州、分布する多年生の草本です。
泥質(鉱物質土壌)の湿原に生育する。夏、高さ20cmほどの茎の先端に通常は1つ、
勢いのよいもので数個の白鷺をイメージさせる花を付けます。
葉の高さは10cm程度までであり、短い葉に十分な日照があるような、
草丈の低い場所が生育に必要である。地下には球根があり、
これから発芽するが、数本の地下茎を伸ばしてその先端に次年度の球根を形成します。
したがって、球根は1年限りということになり、
サギソウは毎年生育条件のよい場所を求めて10cm前後移動しているわけです。
条件のよい場所では、1株から3~5の球根が形成されます。
つづきを表示

コオニユリ
kooniyuri_01740.jpg

コオニユリ ユリ科 ユリ属 別名 スゲユリ
名前の由来 オニユリに比べまして 小ぶりで花数も少ないです。
分布 北海道 本州 四国 九州
山地のやや湿り気のある草原に生える。 
葉は互生。 葉身は狭披針形。葉柄はない葉の付け根にムカゴをつけない。
草丈1~1.5m 花茎に4~10個の橙紅色の花をつける。 
花被片に濃い斑点が多数あり、強く反り返ります。
花の直径は約8cm。花期7月~9月 よく結実します。多年草です。 
類異種はオニユリで葉の付け根にムカゴをつけます。
つづきを表示

ガガブタ
gagabuta_01301.jpg

ガガブタ 鏡蓋 ミツガシワ科 アサザ属
生育環境 湖沼やため池で群制する浮遊性の多年草。
分布 北海道、本州、四国、九州、東アジア、
浮葉性、または抽水性の植物で、地下茎をのばして生長する。
スイレンに似た円心形もしくは卵心形の浮葉をつけ、長さ8-20cm。
スイレンと決定的に違うのは、水底の茎から伸びるのが葉柄でなく茎である。
浮葉の少し下に芽や根が出る部位があり、ここから先だけが真の葉柄である。
この部分から根や花芽、やがては葉も出てくることで、この部分だけで独立した
植物体となることが出来る。花期は7-9月で、多数の白い花を咲かせる。
花は上記の葉の少し下の部位から出る。水面から出た花には5弁があり、
その白い花弁の周辺は細かく裂けていて、一面に毛が生えたような見かけになっている。
つづきを表示
Copyright © 自然の花と風景. all rights reserved.