自然の中で見つけた 花たちの便りと 四季折々の 風景と楽しみを 残して行く事の出来る 楽しい ブログにして行きたいと思います。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アケボノソウ
akebonosou_02367.jpg


アケボノソウ リンドウ科 センブリ属
名の由来 花冠の緑色の斑点と黒紫色の斑点を
夜明けの空の月と星に見立てたためと言われます。
分布 北海道、本州、四国、九州 花期 9~10月。
特性 2年草。  山野の沢沿いや湿地に生える。草丈60~80cm。
葉は対生。 葉身は卵形から披針形。 長さ5~12cm。 
葉先は鋭尖頭。3本の主脈が目立つ。 葉縁は全縁。
茎頂や葉腋から花柄をだし、直径2センチほどの白色の花をつけます。
花冠は5深裂。 裂片の先には緑色を帯びた
2個の円状の密腺と黒紫色の斑点があります。
蜜腺からは蜜を分泌し、虫がよく集まります。


つづきを表示
スポンサーサイト
Copyright © 自然の花と風景. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。