自然の中で見つけた 花たちの便りと 四季折々の 風景と楽しみを 残して行く事の出来る 楽しい ブログにして行きたいと思います。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユキノシタ
yukinosita_09279.jpg

ユキノシタ  ユキノシタ科 ユキノシタ属
開花時期は、 5月~6月。 本州、四国、九州
山地の湿った岩上や日陰の沼などのほとりに自生。
花びらのうち、下向きの2枚が長い。
葉の表には葉脈に沿って白い斑がある。
名前は、雪のような白い花をかぶって
その下に緑の葉を広げるから。
白い舌状の花の形から「雪の舌」、
それが変じて「雪の下」、の説もある、
まだらで毛のある丸い葉っぱにちなむ。
葉はいろいろ使える。けがをしたらこの葉を
火にあぶって患部に貼ると効き目がある。
昔からやけどなどの貼り薬(もんだ葉っぱ)、
中耳炎やひきつけの薬(しぼり汁)として
重宝された。葉は天ぷらにしてもおいしい。
花は食べませんよ。
つづきを表示
スポンサーサイト

トキソウ
tokisou_1880.jpg

トキソウ ラン科 トキソウ属 多年草
名前の由来 花の色がトキの羽の色に似ている事から来ています。
草文 20~30cm 葉身は長さ5~10cm、幅1.0cm、披針形です。
花期 5~7月 分布 北海道、本州、四国、九州
日当たり良い湿地に生える。 草丈20~30cm。 
葉は一枚。 葉身は長さ5~10cm、幅1.0cm、披針形。
花は淡紅色で花茎の先端につく。 花の下にある小さな葉のようには苞葉。
唇弁は3裂する。 中に突起が多数ある。果実は蒴果。
類似種のヤマトキソウは花が上向きに付き、花が全開しません。

つづきを表示

キンラン
kinran_08918.jpg

キンラン ラン科 キンラン属 多年草
名前の由来 林内で黄色い花が金色に輝いて見える事から来ています。
分布 本州、四国、九州 花期 4月~6月 草文 30cm~70cm
日当たりの良い山地や丘陵の林内に生えます。
山や丘陵の林の中に生える地上性のランで、
高さ30-70cmの茎の先端に4月から6月にかけて
直径1cm程度の明るく鮮やかな黄色の花を総状につけます。
花は全開せず、半開き状態のままであります。花弁は5枚で3裂します。
唇弁には赤褐色の隆起があり、葉は狭楕円形状で長さ10cm前後、
縦方向にしわが多いです。柄は無く茎を抱き、7、8枚が互生します。
つづきを表示
Copyright © 自然の花と風景. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。