自然の中で見つけた 花たちの便りと 四季折々の 風景と楽しみを 残して行く事の出来る 楽しい ブログにして行きたいと思います。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トキソウ
tokisou_08876.jpg

トキソウ ラン科 トキソウ属 多年草
名前の由来 花の色がトキの羽の色に似ている事から来ています。
草文 20~30cm 葉身は長さ5~10cm、幅1.0cm、披針形です。
花期 5~7月 分布 北海道、本州、四国、九州 日当たり良い湿地に生える。  
葉は一枚。 葉身は長さ5~10cm、幅1.0cm、披針形。
花は淡紅色で花茎の先端につく。 花の下にある小さな葉のようには苞葉。
唇弁は3裂する。 中に突起が多数ある。果実は蒴果。
類似種のヤマトキソウは花が上向きに付き、花が全開しません。
つづきを表示
スポンサーサイト

コケイラン
kokeiran_08640.jpg


コケイラン 小蕙蘭 ラン科 コケイラン属 
花期 5~6月 草文 30cm~40cm
分布:北海道、本州、四国、九州
和名の由来 シランなどの仲間を蕙蘭といい、葉の形が似ていて、
小型であるところから。別名をササエビネ(笹海老根)といい、
海老根の仲間に似ているが、葉が長くて細く、笹に似るところから。
生育地・特徴 山地の林内に生える多年草。
20~30 cmの2枚の細長い葉が地中の偽球より直接出る。
花は総状に多数つく。萼辺と花弁は黄褐色で、
幅が広い唇弁のみが白色で、赤い斑点がありますよ。     
つづきを表示

キンラン
kinran_08481.jpg

キンラン ラン科 キンラン属 多年草
名前の由来 林内で黄色い花が金色に輝いて見える事から来ています。
分布 本州、四国、九州 花期 4月~6月 草文 30cm~70cm
日当たりの良い山地や丘陵の林内に生えます。
山や丘陵の林の中に生える地上性のランで、
高さ30-70cmの茎の先端に4月から6月にかけて
直径1cm程度の明るく鮮やかな黄色の花を総状につけます。
花は全開せず、半開き状態のままであります。花弁は5枚で3裂します。
唇弁には赤褐色の隆起があり、葉は狭楕円形状で長さ10cm前後、
縦方向にしわが多いです。柄は無く茎を抱き、7、8枚が互生します。
つづきを表示

エビネ
ebine_08239.jpg

エビネ 海老根 ラン科 エビネ属
分布 日本では北海道西南部~沖縄島
球茎は広卵状-球状で長さ径ともに約2cm。
古い球茎は時に10年以上も残り、地表近くに連なります。
和名はこの形をエビに見立てたことに由来します。
直径2-3mmの根を多数生じます。
秋には翌年の新芽を生じ冬までに少し生長してから越冬する。
葉は2-3枚つき、薄く形は長楕円形から倒卵状披針形で先は尖り
冬を越すと横伏するが、数年間は枯れずに残ります。
草本の少ない谷筋の斜面などに生育して いることが多いです。
つづきを表示

ユキザサ
yukizasa_07937.jpg

ユキザサ 雪笹 ユリ科 ユキザサ属 多年草。
花期:5~7月  分布:北海道、本州、四国、九州
和名の由来、花の姿が雪の結晶のように見える事から言われています。
山地の落葉広葉樹林の林床に生育しています。
葉の形が笹に似ているところから由来すると言われています。
低地~亜高山帯の広葉樹林内などに生え、茎の高さは20~70センチ。
茎頂に、粗い毛が密生する円錐花序をつけ、長さ3~4ミリの白色の花を多数つける。
花被片、雄しべは6個。葉は互生し、卵状長楕円形で、両面に毛があります。
果実は球形の液果で、赤く熟します。
つづきを表示

ホタルカズラ
hotarukazura_07859.jpg

ホタルカズラ ムラサキ科 ムラサキ属 多年草
和名の由来は緑の中に鮮やかな瑠璃色の花が咲く様子をホタルに例えたことからです。
分布 北海道、本州、四国、九州、沖縄 日当たりのよい草地などに自生してます。
茎の長さは10cm~30cmになる。葉は茎に互生し形は狭楕円形で茎や葉にはザラつく毛がある。
花期は4月~6月で茎の上部の葉腋に径15mm~18mmの青紫色の5裂した花をつけます。
花には5本の白い隆起がある。花後は根もとから地上に長い無花枝を出し
その先端から根を出して翌年の株をつくります。
つづきを表示

ヤマルリソウ
yamarurisou_07165.jpg

ヤマルリソウ 山瑠璃草 ムラサキ科 ルリソウ属
ヤマルリソウは本州福島県以南から九州に分布する多年草です。
暖温帯中部から冷温帯近くまでの、落葉樹林の林縁や道端などの
適度に湿った場所に生育します。根生葉はロゼット状となります、
長さ7~20cmですが、開花期の葉は小型ですよ。
葉は両面有毛で、密に白毛があります。茎は斜上し、4月~5月にかけて、
直径1cmほどの淡い紫色から淡い紅色の花を次々と付けます。
花茎は枝分かれせず、若い果実は下向きになります。
つづきを表示

ショウジョウバカマ
syouzyoubakama_06954.jpg

ショウジョウバカマ ユリ科ショウジョウバカマ属の多年草。
由来 花を猩々の赤い顔に見立て葉の重なりを袴に見立たせた。
日本各地の山地で少し多湿なところ生える。根茎は短い。
葉は地に広がってロゼット状、老葉の尖端から時に新苗をだす。
葉は長さ5~18cm、少し革質で滑らか。
花は新葉が出る前に1本10~17cmの茎を出し、
淡紅から紫まで色々、長さ1cm位。
つづきを表示
Copyright © 自然の花と風景. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。