自然の中で見つけた 花たちの便りと 四季折々の 風景と楽しみを 残して行く事の出来る 楽しい ブログにして行きたいと思います。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カキラン
kakiran_09663.jpg

カキラン ラン科 カキラン属 多年草
分布 日本では 北海道 本州 四国 九州 種子島 奄美大島 徳之島に分布します。
生育環境 山野の日当たりの良い湿地とか沢沿いの湿り気の有る場所に生育します。
茎の高さは30~70㎝葉は茎に互生し卵状披針形で基部が鞘状になって茎を抱きます。
上部にいくにしたがって葉は小さくなりますし花期は6~8月です。
黄褐色の花を茎の先に10ほど総状につけ下方から開花して行きます。
花の唇弁にある紅紫色の模様が目立ちまして和名は花の色が柿の実の色に似ている事で由来する。
東北地方の花は黄色に紅紫色の模様がなく茎の下部が紫色を帯びないキバナカキランと
九州南部の唇弁が側花弁と同形であるイソマカキランなどが生育して居ます。
つづきを表示
スポンサーサイト

ジュンサイ
zyunsai_09501.jpg

ジュンサイ ハゴロモモ科 ジュンサイ科 スイレン属 多年、水生植物
スイレンなどと同じように葉を水面に浮かべる水草である。
澄んだ淡水の池に自生する。若芽の部分を食用にするため栽培されている場合もあります。
東南アジア - インド、アフリカ、オーストラリア、アメリカ等に世界に広く分布してます。
日本では北海道 - 九州及び南西諸島(種子島・沖縄島に分布するが、すでに絶滅した地域もあります。
多年生の浮葉植物。葉は互生、楕円形で、長さ5 - 12mm、裏面は紫色。
葉柄は裏側の真ん中に着く盾形であり、ハスの葉と同じ付き方です。
地下茎は水底の泥の中にあるが、そこから葉柄をのばすのではなく、茎が伸びて水面近くまで達します。
秋に地下茎の一部は、養分を貯蔵して越冬用の殖芽となります。
この茎からまばらに葉柄をのばし、その先に葉をつける。茎の先端の芽の部分や若葉の裏面は
寒天質の粘液で厚く覆われ、ムチンによるぬめりがあります。
花期は6 - 8月。花は茎から水面に伸びた柄の先につき、直径1 - 1.6cm。花弁・がく片は3枚ずつで
スイレンの花を細くしたような姿だが、花弁は紫褐色であまり目立たないです。
つづきを表示

カワラナデシコ
kawaranadesiko_09495.jpg

カワラナデシコ ナデシコ科 ナデシコ属 多年草。
日本では本州以西四国、九州に広く分布するほか、沖縄諸島 久米島 渡名喜島に少数が自生します。
日本国外では朝鮮、中国、台湾に分布します。
主に日当たりの良い草原や河原に生育するが、路傍や山地の斜面、海岸の砂浜等でも生育しています。
多年草で、高さ30~50cm。茎は根から叢生し、節が膨らむ。葉は対生、線形~線状披針形で長さ4~7cm、
先端は鋭く尖り、基部は茎を抱きこみ 抱茎 無毛で、粉白色を呈す。葉柄は無い。
花期は6~9月。花は茎の頂端に付き、直径4~5cm、がく片は3~4cm、苞(ほう)は3~4対あります。
花弁は5枚で、先が糸状に細裂している。雄蕊は10本、雌蕊は花柱2本です。
色は、淡紅色が一般的だが、白色も多い。また、淡紅色と白色が混ざっている個体もあります。
栽培していると白色のものが淡紅色に変化したりもします。
つづきを表示

ササユリ
sasayuri_09090.jpg

ササユリ 笹百合 ユリ科 ユリ属 多年草
由来 葉が笹に似ている為と言われている。
分布 本州 中部地方以西・四国・九州
花言葉 上品 香りのよい花です。
ササユリは本州中部から九州に分布する多年草。
山地の草原や明るい森林に生育する。
地下に白い鱗茎(いわゆるユリ根)がある。
小さなものは根生葉のみであるが、大きく育ったものは花茎をのばし、
6月から7月にかけて美しい花を咲かせる。
花は1つであることが多いが、複数咲くこともある。
花の長さは10~15cmで、淡紅色。雄しべは6本で葯は鮮やかな赤褐色。
強い香りがある。葉は厚く、名前の由来になっているように、
ササの葉によく似ている。ササに擬態しているわけではなかろうが、
ササと混生していると、花が咲かないとわかりにくい。
つづきを表示

ユキノシタ
yukinosita_09183.jpg

ユキノシタ ユキノシタ科 ユキノシタ属
ユキノシタは本州、四国、九州に生育する常緑の草本。
沢沿いの岩場など、湿り気の多い半日陰の場所に生育する。
民間薬に使用されることもあって庭先にもよく植栽されている。
やや湿った場所でよく生育し、日陰にもよく耐える。
昔は井戸のほとりによく生えていたものである。
葉は円腎形で葉の表面には葉脈に沿った模様がある。
葉の裏面は紫色を帯びており、特に若葉で鮮やかな紫色となる。
5月から6月にかけ花茎を伸ばして多数の花を咲かせる。
花に先立ち、地表面に多数の匍匐茎を出し、その先端に新しい個体を形成する。
和名のユキノシタは白い花を雪が降るのに見立て、
その下に緑の葉がある様子を意味しているという説があり、
そうであれば風流な名前である、雪の下でも緑葉を維持しているとの
意味でも良いような気もします。
葉は火傷などに貼り付けたり、絞り汁を熱冷ましに利用するなどの
民間薬として利用される他、葉を天ぷらにして食べるなどする。
つづきを表示
Copyright © 自然の花と風景. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。