FC2ブログ
自然の中で見つけた 花たちの便りと 四季折々の 風景と楽しみを 残して行く事の出来る 楽しい ブログにして行きたいと思います。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オグラセンノウ
ogurasennou_00790.jpg

オグラセンノウ ナデシコ科 センノウ属 
オグラセンノウは湿原に生育する多年生草本。
1903年に熊本県の阿蘇で採集された標本に基づき、
牧野富太郎氏が新種として記載しましたよ。
古書である本草図説に掲載されていた植物に当てはめ、
オグラセンノウの名を付けたようであります。
1921年に岡山県の哲西町で採取された標本に、
サワナデシコという名が付けられたが、
その後オグラセンノウと同一種であることが判明しまして 
オグラセンノウの分布は、熊本県阿蘇地方と岡山県北西部から
広島県の北東部にかけての狭い地域で確認されています。
オグラセンノウは、高さ1mほどにもなるが茎は細く、
自立せずに他の植物に寄り添う形で生育しています。
生育立地は湿原の中ではやや栄養分の多い場所ですし、
イメージとしては貧栄養と中栄養のはざまといった環境に生息しています。
茎は細く、高さ1m程になり、下向きに短毛がある。
葉は対生し、長さは4.5~11cm。基部が最も広く、両面には微毛が散生し、
縁には毛があります。花期は6月から8月に咲きます。
花弁の先端は繊細に分裂し、基部には付属体があって
濃紫色の葯を付け雄しべは10本有りますよ。
ogurasennou_.jpg

ogurasennou_00775.jpg

ogurasennou_00776.jpg

ogurasennou_00788.jpg

ogurasennou_00790.jpg

スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 自然の花と風景. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。