自然の中で見つけた 花たちの便りと 四季折々の 風景と楽しみを 残して行く事の出来る 楽しい ブログにして行きたいと思います。

クモキリソウ
kumokirisou 06226


クモキリソウ ラン科 クモキリ属 多年草
花期 6~8月 草文 10~20cm 分布 日本全土
花茎 側花弁長さ6~7mm、唇弁長さ5~6mm
生育場所 山地の疎林下 花色 淡緑色、または黒褐色
茎葉 対生で2枚、広卵形、縁は細かく波打ち、葉脈の網目ははっきりしない
低地~山地の林内や林縁などに生え、茎の高さは15~30センチ。
茎頂の花序に、淡緑色または黒褐色の花を5個~15個つける。
背萼片、側萼片、側花弁はともに細い管状で、長さは約8ミリ。
唇弁は広い舌状で反り返り、長さは約6ミリ。
葉は2個あり、長楕円形で、縁は波状に縮れます。
kumokirisou 06226

kumokirisou 06229

kumokirisou 06231

スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

natutubakiさん 訪問戴きましてコメントを有難う御座いました。

クモキリソウが好きですかさりげない感じが良いと思います。
くもきりそうは湿度の高い影地が好きですからね
育てるのは難しいと思います。
ひかる | URL | 2017/07/18/Tue 21:01[EDIT]
クモキリソウ好きで長い間育てていましたが今はなくなってしまいました
見ると懐かしいです
natutubaki | URL | 2017/07/18/Tue 05:48[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 自然の花と風景. all rights reserved.