FC2ブログ
自然の中で見つけた 花たちの便りと 四季折々の 風景と楽しみを 残して行く事の出来る 楽しい ブログにして行きたいと思います。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガガブタ
gagabuta_01301.jpg

ガガブタ 鏡蓋 ミツガシワ科 アサザ属
生育環境 湖沼やため池で群制する浮遊性の多年草。
分布 北海道、本州、四国、九州、東アジア、
浮葉性、または抽水性の植物で、地下茎をのばして生長する。
スイレンに似た円心形もしくは卵心形の浮葉をつけ、長さ8-20cm。
スイレンと決定的に違うのは、水底の茎から伸びるのが葉柄でなく茎である。
浮葉の少し下に芽や根が出る部位があり、ここから先だけが真の葉柄である。
この部分から根や花芽、やがては葉も出てくることで、この部分だけで独立した
植物体となることが出来る。花期は7-9月で、多数の白い花を咲かせる。
花は上記の葉の少し下の部位から出る。水面から出た花には5弁があり、
その白い花弁の周辺は細かく裂けていて、一面に毛が生えたような見かけになっている。
gagabuta_01370.jpg

gagabuta_01360.jpg

gagabuta_01322.jpg

gagabuta_01303.jpg

gagabuta_01301.jpg

gagabuta_01213.jpg







スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 自然の花と風景. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。