FC2ブログ
自然の中で見つけた 花たちの便りと 四季折々の 風景と楽しみを 残して行く事の出来る 楽しい ブログにして行きたいと思います。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンドウ
rindou_03956.jpg

リンドウ リンドウ科 リンドウ属
本州~四国・九州の湿った野山に自生する。花期は秋。
花は晴天の時だけ開き、釣り鐘型のきれいな紫色で、
茎の先に上向きにいくつも咲かせる。
高さは50cmほど。葉は細長く、対生につく。
リンドウは湿原のほとりによく生育しています。
人間が草刈を行うようになる以前は、
湿原と陸地の境界部などに生育していたと思います。
リンドウの想い出は、霜の降りるころ、
霜の降りる頃に咲き残っている花を見ると、
真冬が来るまでに種子を稔らせることが出来るのか、
と疑問に思えてくる。花をよく見ると、最初は雄しべが開いており、
雌しべの柱頭が2つに分かれているのが観察できんます。
その後、雄しべは閉じてきて、雌しべに花粉を付けます。
このようなシステムが、秋遅くの開花結実を確実にしてると思います。
rindou_03392.jpg

rindou_03398.jpg

rindou_03940.jpg

rindou_03942.jpg

rindou_03956.jpg
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 自然の花と風景. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。