FC2ブログ
自然の中で見つけた 花たちの便りと 四季折々の 風景と楽しみを 残して行く事の出来る 楽しい ブログにして行きたいと思います。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コバノトンボソウ
kobanotonbosou_09192.jpg

コバノトンボソウ ラン科 ツレサギソウ属 
分布は北海道、本州、四国、九州 花期は6月~8月
生育環境は日当たりの良い湿った草地や貧栄養な湿地。
日当たりのよい湿った草原や貧栄養な湿地に生える多年草です。
茎は肥厚する根茎から出て直立し高さ20~40cmできわめて繊細です。
葉はふつう1個で広線形 長さ3~7cm幅3~10mm基部は茎を抱きます。
鱗片葉は披針形茎にへばりつくようにつくので目立ちまでん。
花は淡黄緑色、花茎に数個つき苞は披針形背萼片は卵形で長さ2mm~2.5mmです。
側萼片は長楕円形、側花弁は斜長楕円形、ともに背萼片より少し長い。
唇弁はやや肉質で舌状 長さ2.5mm~4mm。距は長く12mm~18mm後方に跳ね上がります。
蕊柱は短く葯室は平行であるが相接する。花粉塊は根棒状です。


kobanotonbosou_09192.jpg

kobanotonbosou_09194.jpg


kobanotonbosou_09199.jpg

kobanotonbosou_09203.jpg



スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 自然の花と風景. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。