自然の中で見つけた 花たちの便りと 四季折々の 風景と楽しみを 残して行く事の出来る 楽しい ブログにして行きたいと思います。

コガネネコノメソウ
koganenekonomesou_06750.jpg

コガネネコノメソウ(黄金猫の目草)ユキノシタ科 ネコノメソウ属
花期 3~5月 、分布 本州(関東地方以西)、四国、九州
生育特徴 山地谷沿いの陰湿地に生える多年草。
茎および高さ 老出枝は長く伸び、白色軟毛を密生する。花茎は5~10cm。
葉の特徴 葉は扇円形で5~15mm、5~10個の丸い鋸歯があります。
葉柄は長さ2~10mm、根生葉は花期には枯れる。
花のつくり 花茎は高さ5~10cm、暗紅紫色を帯び白色軟毛があり
茎葉は普通一対。花は直径3~4.5mm、萼裂片は花期鮮黄色で直立し
先は丸くながさ2~3mm。花後緑化する。おしべは8個、葯は鮮黄色です。
花茎は高さ5~10cm、暗紅紫色を帯び白色軟毛があり
茎葉は普通一対。花は直径3~4.5mm、萼裂片は花期鮮黄色で直立し
先は丸くながさ2~3mm。花後緑化する。おしべは8個、葯は鮮黄色

名のいわれ ネコノメソウの名前は花周辺の葉の色が猫の目のように変化し
花後の実に裂け目ができ、種が猫の瞳孔に似ることからついた。
本種は萼裂片と葯が鮮黄色のため黄金の名がつきました。
koganenekonomesou_06747.jpg

koganenekonomesou_06750.jpg

koganenekonomesou_06755.jpg

koganenekonomesou_06758.jpg





スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 自然の花と風景. all rights reserved.