FC2ブログ
自然の中で見つけた 花たちの便りと 四季折々の 風景と楽しみを 残して行く事の出来る 楽しい ブログにして行きたいと思います。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユキノシタ
yukinosita_09183.jpg

ユキノシタ ユキノシタ科 ユキノシタ属
ユキノシタは本州、四国、九州に生育する常緑の草本。
沢沿いの岩場など、湿り気の多い半日陰の場所に生育する。
民間薬に使用されることもあって庭先にもよく植栽されている。
やや湿った場所でよく生育し、日陰にもよく耐える。
昔は井戸のほとりによく生えていたものである。
葉は円腎形で葉の表面には葉脈に沿った模様がある。
葉の裏面は紫色を帯びており、特に若葉で鮮やかな紫色となる。
5月から6月にかけ花茎を伸ばして多数の花を咲かせる。
花に先立ち、地表面に多数の匍匐茎を出し、その先端に新しい個体を形成する。
和名のユキノシタは白い花を雪が降るのに見立て、
その下に緑の葉がある様子を意味しているという説があり、
そうであれば風流な名前である、雪の下でも緑葉を維持しているとの
意味でも良いような気もします。
葉は火傷などに貼り付けたり、絞り汁を熱冷ましに利用するなどの
民間薬として利用される他、葉を天ぷらにして食べるなどする。
yukinosita_09357.jpg

yukinosita_09347.jpg

yukinosita_09190.jpg

yukinosita_09187.jpg

yukinosita_09183.jpg

スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 自然の花と風景. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。