自然の中で見つけた 花たちの便りと 四季折々の 風景と楽しみを 残して行く事の出来る 楽しい ブログにして行きたいと思います。

キセワタ
kisewata_02529.jpg

キセワタ 着せ綿 シソ科 メハジキ属 
生育地 山地 草原 分布 北海道 本州 四国 九州 
花に密生する白い毛を花に着せた綿と見立てての名前です。
山地の草原に生える多年草 花期は8~9月。
葉は洋紙質で粗い毛があり、長さ5~9cmの狭卵形 鋸歯縁です。
上部の葉腋に淡紅紫色の唇形花を数個ずつつけます。
萼は長さ15mmで粗い毛があり、5浅裂して裂片は刺状にとがります。
花冠は唇形で長さ2.5~3cm、外面は密に白毛があって白く見え、
上唇は全縁、下唇は3裂し、中央裂片は下に曲がって紅紫色です。

ユウスゲ
yuusuge_01648.jpg

ユウスゲ 夕菅 ユリ科 ワスレナグサ属 別名 キスゲ
名前の由来 葉がカヤツリグサ科のスゲ属に似て夕方から咲きます。
分布 本州 四国 九州 花期 花期は7月~8月です。
多年草で 日当たりのよい草原に生える。 草丈1~1.5m
葉は2列根生。 長さ40~60cm、幅5~15mm。
長い花茎を出し、その先端に2又状の花序をつける。
花は淡黄色。おしべは6本。 花は夕方に開花し翌朝には閉じます。
鮮やかなレモンイエローは暗闇でも蛾などの
夜行性の虫に良く見えると言われています。
つづきを表示

イワタバコ
iwatabako_02053.jpg


イワタバコ イワタバコ科 イワタバコ属 多年草
花期 7月~8月 分布 四国、九州、南西諸島に分布しています、
谷間の湿った崖や水の滴る岩壁に着生しています。
葉は根生して垂れ下がって生えていますが葉身は普通長さ6-15cmですが、
50cmにまで成長するものもあります。
葉はしわのある楕円状卵形で先は鋭くとがり、基部は翼をもつ柄に連なります。
縁には不ぞろいな鋸歯があり8月頃に高さ10-20cmの花茎を出して花をつけます。
花冠は径約1-1.5cmで5裂し筒部は短いです。
雄ずいは5個あり、花冠の基部に着き花糸は短く葯は直立しています。
イワタバコが群生している岩場では紫色の星が有るようで、
薄暗い場所ですが素晴らしい光景ですよ。
つづきを表示

コオニユリ
kooniyuri_01896.jpg

コオニユリ ユリ科 ユリ属 別名 スゲユリ
名前の由来 オニユリに比べまして 小ぶりで花数も少ないです。
分布 北海道 本州 四国 九州
山地のやや湿り気のある草原に生える。 
葉は互生。 葉身は狭披針形。葉柄はない葉の付け根にムカゴをつけない。
草丈1~1.5m 花茎に4~10個の橙紅色の花をつける。 
花被片に濃い斑点が多数あり、強く反り返ります。
花の直径は約8cm。花期7月~9月 よく結実します。多年草です。 
類異種はオニユリで葉の付け根にムカゴをつけます。
つづきを表示

フウラン
fuuran_00724.jpg

フウラン 風蘭 ラン科 フウラン属 
生育環境は樹木や岩場に着生しまして花を咲かせます
分布は本州中部以南から琉球列島にわたる地域に生育します。
茎は短く直立し隙間なく葉をつけます。
葉は細くて硬く先端がとがっている。
断面が三角になるほど分厚く上面の中央には主脈に沿って溝がある。
葉の基部は茎を抱く形になり茎より少し上に関節があって古い葉は基部を茎に残して脱落する。
古い茎は葉鞘に包まれた状態になる。根は茎ほどに太く葉鞘を突き破って出てくる。
表面は白く先端だけが生っぽい色になる。根元の茎から新芽を出して次第に株立します。
人間の頭ほどの群落が作られる場合もある。成長はなかなかに遅い。
年間に生じる葉は一本の茎について2-3枚程度です。
個々の葉は数年の寿命がある。初夏に花を咲かせ花はよい香りがします。
花茎は茎の基部の方の葉の間から出てそれぞれに3-5個の花が付きます。
花茎からはさらに長い子房がのび花はその先につくので葉よりもかなり上ので花が咲きます。
花は純白かわずかに赤紫を帯びるのが普通。五弁はやや細目の倒卵形で反り返ります。
唇弁は前に突き出して少し三つに割れる。花の下には距があり非常に長く
下に向かって垂れながら曲がって最後は前を向きます。
ほとんどの花が同じ方向を向いて咲きます。
つづきを表示
Copyright © 自然の花と風景. all rights reserved.